研修の流れ

酪農の基本から「最先端技術」まで、
一緒にこれからの酪農を学ぼう!考えよう!

酪農研修生のカリキュラムについて

3年間で酪農の経営のノウハウを学びます

1年目

酪農の基礎的な知識、技術、作業全般の習得

2年目

専門知識、応用力の習得と自立可能な経営能力の養成

3年目

応用実践及び、就農・就労準備

年度ごとに内容がステップアップします。

研修プログラム

01. 実践研修

乳牛使用管理、搾乳、子牛管理などの研修作業全般。

02. 座学研修

基礎的な知識・方法などの理論学習
(週1回程度―専門家による講義)
(乳牛飼養管理全般、家畜衛生、搾乳、草地管理、農業経営など)

03. 農家研修

就農・就労に向けての様々な準備の為、農家研修が必要と思われる者については必要に応じて体験研修を実施いたします。

04. 視察研修

地域の農業事情等を幅広く把握させるため、必要に応じ農家または農業関連施設等の視察研修を実施致します。

研修施設

町内・外の牧場、TMRセンター、育成牧場など

よくある質問へ

お問い合わせ・お申し込み

新得町農業協同組合

nousin@ja-shin.nokyoren.or.jp
TEL:0156-64-5021
担当/シントクアユミルク 牧場長 高岡